幸手権現堂

2021年09月26日

桜の名所で有名な幸手の権現堂に行ってきました。

曼殊沙華が見事に咲き誇っていました。

 

曼殊沙華は、秋雨が降ってやがてお彼岸という頃になると芽を出し、1日に10cm近くも茎が伸びて、

瞬く間に50cm位になり、あの真っ赤な花を咲かせます。そして1週間ほどで花も茎も枯れてしまい、

今度は球根から緑の葉っぱがすくすくと伸びてきます。

冬になって周りの植物が枯れても、たわわにしげった葉っぱのままで冬を越します。

(暮らしの歳時記より)

 

曼殊沙華の生長サイクルは、普通の植物と逆なのですね。

公園内にはヤギもいましたよ。(水井)

権現堂曼殊沙華

権現堂やぎ2
権現堂やぎ1