浅草雷門

2020年06月16日

この夏開催が予定されていた東京オリンピック・パラリンピックのために、

本来10年ごとの新調を3年早めて、高さ3.9m・幅3.3m重さ700kgの

浅草雷門大提灯は4月に静かに無事架け替えられました。

隅田川で仏像が網にかかった時に、龍神が金鱗を輝かせて現れたという逸話があるのだそうです。

それで提灯の底には約10cmの厚さの木で彫り出されたがいるのですね。

大提灯下部の錺(かざ)り金具も今回初めて新調され、金色の輝きが増しました☆(水井)

大提灯下部の錺(かざ)り金具

提灯1

提灯の底の龍

提灯2