渋沢栄一オートミールクッキー

2020年03月12日

新しい1万円札の肖像に決まった渋沢栄一の出身、深谷市の高校生と地元の菓子店が、渋沢が好んで食べていたというオートミールを使ったクッキーを共同で開発しました。「渋沢栄一翁が愛したオートミールクッキー」と名付けられた商品は、深谷市の新たなお土産として、観光客らに親しんでもらおうと、県立深谷商業高校の商業科の生徒5人が、地元の菓子店「西倉西間堂」とともに5か月かけて作りました。

 

生徒達は小島市長に、商品開発の際、たくさん食べても飽きないように甘さを控えめにしたことや、食べ応えがあるようにオートミールの量を何度も調整したことなど、試行錯誤を繰り返しながら、商品化できたことを伝えました。小島市長は「思ったより柔らかいですね」と試食した感想を話し、商品の販売については「市もバックアップして、渋沢栄一イコールオートミールクッキーとなるようにしていきたい」と伝えました。

(以上Yahooニュースより転用)

 

キャラメル風味が美味しい、さくさくと口あたりも良いクッキーでした♪

お店ではなかなかの好評で、どんどん売れているようです(*^^)v

渋沢栄一オートミールクッキー